どうでもいい結婚年賀状、世界はあなた達中心にまわっていない!

まだ自分が独身で、恋人もいなかった辛い時期でした。届いた年賀状には友達夫婦の海外で撮影したウェディングドレスとタキシード姿の写真が8枚位収められていました。大して美男美女でもないのに、幸せオーラ全開で、お花畑状態でした。新郎が友達をお姫様だっこしている写真、二人で砂浜をジャンプしている写真、結婚指輪をはめている二人の手のアップ…。

メッセージには「私も奥様になりました!最近はどうですか?こんど旦那の会社関係の人に合コン頼んであげるので、待っていてね!」と書かれていました。確かに出会いを求めていた自分でしたが、上から目線の友達の言葉に、なんだか虚しいというか、怒りを感じてしまいました。(結局、その後も合コンなんてしてくれませんでした)

もしかしたら、自分が辛い状況だったので、その友達の年賀状に嫌な気持ちを持ってしまったのかもしれませんが、やはり受け取る方にはいろいろな状況の方もいると思います。私みたいに恋人がいない人、結婚していても配偶者との関係が上手くいっていない人…。察してほしいという訳ではないです。結婚報告はもちろん、嬉しい報告ですし、写真入りの方が二人の幸せそうな姿が見れて私は好きです。ただ、限度がありますよね。シンプルに伝えるのがいいと思います。
ちなみに私が結婚した際は、新住所の報告も兼ねて、写真1枚のシンプルなものにしました。